細マッチョ勉強法

 何故人は勉強を挫折するのか!?一度は熱い志を持って始めた筈なのに、しばらく経って気が付くと、すっかり勉強を止めてしまい。あの情熱はどこへいってしまったのかという経験は誰にでもあるでしょう!?

 ゴールは明確に分かっているし、それをやらなければ今のままということも分かっている。しかし何故か勉強が出来ないという人は恐らく、これが原因だと思います。

モチベーション!?いえいえ、大前提です。
マイルストーン!?いやいや、基本です。
勉強を習慣化!?ここまでは頑張りましょう。

 人が日々の勉強を挫折してしまう原因は「満腹」です。ハッキリ言います「満腹」が意欲を奪っているのです。「満腹」になると眠くなります、眠くなると男性の場合、種の保存の法則が働き「性欲」が湧き上がります。そしてそれが済むと一気に「睡魔」が訪れ眠ってしまいます。

 また、女性の場合「性欲」のメカニズムは違いますが「満腹」になると眠くなるという部分は同一です。

 そして睡眠が十分で眠くならない場合には「満腹」になると新たな刺激を求めようとします。それは人によって違いますが大きくは二分され「アルコール」と「スイーツ」がそれに当たります。どちらも倦怠感をもたらし勉強の挫折へとあなたを誘います。

 まとめとして勉強を継続するためにどうすればいいのかというと、先ず晩飯を6分目に減らすことです。しかも内容を野菜・海藻・大豆製品・若干のご飯のみにすること。これで消化に使われるエネルギーが削減されます。さらに飢餓遺伝子が起動して集中力も飛躍的に向上します。

 次にアルコールとスイーツは晩飯後には絶対に摂らないことです。どうしても食べたり飲んだりしたい場合は、勉強後かもしくは勉強しない日を設けてその日に摂ることです。アルコールはいまさら説明の必要もありませんが、糖分は脳内のオレキシンのレベルを低下させるため、疲労感を感じさせるそうです。よってやる気を喪失させるのです。

 因みに朝食は水とフルーツ、昼食は好きなモノを食べて構いません。さらにオススメなのが勉強の合間に筋トレをすることです。食生活の改善に合わせて「腕立てふせ」「腹筋」「背筋」「屈伸」をおこなう。すると試験が終わった頃にはついでに「細マッチョ」になっていること間違いない。そしてそのボディで海やプールに行けばモテキ!到来です。これを「細マッチョ勉強法」と呼びたいと思います。是非オススメです♪
[PR]

by alchimista01 | 2012-05-30 12:30 | 一思案

<< ストイックな趣味 4代目NIKE iD >>