ひみつ

 あなたは、あなたの恋人や、家族、そして友人にあなたの知らない秘密の顔があるということを考えたことがあるだろうか!?恐らく目に見える姿や、語られる言葉、雰囲気に騙されて相手を「こんな人間だろう!」と分かったつもりになっているのではないだろうか!?

 例えば、秘密の一つに所属というものがある。会社や、学校といった表の社会の所属ではなく、秘密の所属だ。そう、世界には古くから「※秘密結社」というものがある。有名なところでは「イルミナティ」「フリーメイソン」「テンプル騎士団」等がある。おそらくどこかで名前くらいは聞いたことがあるだろう!?

 「そんなものは物語の世界だよ!」と言う人もいる。しかし、あなたの恋人や、家族、友人が秘密結社のメンバーではないという保証がどこにあるといえるだろう。ところが、あなたがそれを知ることは一生無いだろう。何故ならば、重要な秘密ほどオカルト化されて、用意周到に隠されているからだ。そして、それでいいのだと思う。秘密というのは知らない方が円満であり幸せなのだ。
 
 だが秘密は存在する。例えば会員数40230(2011年 3月末)もいる、みんなが知っている「日本〇鳥の会」という公益財団法人がある。彼らは一見野鳥の数を数えているように見えるが、実は美脚を数えているのである。

 因みに「日本〇鳥の会」の目的には(自然にあるがままの野鳥に接して楽しむ機会を設け、また野鳥に関する科学的な知識及びその適正な保護思想を普及することにより、国民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資することを目的とする)と記されているが、たった2箇所の言葉を入れ替えると以下のようになる。

 自然にあるがままの美脚に接して楽しむ機会を設け、また美脚に関する科学的な知識及びその適正な保護思想を普及することにより、国民の間に自然尊重の精神を培い、もって人間性豊かな社会の発展に資することを目的とする

 どうであろう!?秘密結社とは決して物語の世界の話ではない、あなたの身近にあって、あなたの親しい人が所属している現実の組織なのだ。因みに「日本美脚の会」で先月の美脚総選挙にて1位を獲得したのは「長澤まさみ」らしい。

 余談だが以下の写真が掲載された雑誌名は「Numero TOKYO」という。Numeroとは元々ラテン語で「数えると」という意味。そこからも「日本〇鳥の会」を連想させるキーワードを隠したタイトルといえよう。

 ※秘密結社とは、結社の存在そのものが構成員により秘匿される、又は、結社の存在は公になっていても、その構成員であることが、組織や構成員自身の許諾によらないで、第三者等により公開されることが禁じられている組織、あるいは、結社の活動目的や活動内容を構成員以外の第三者等に公開することが禁じられている組織で、政府など公の機関でないものをいう。

e0132508_14331151.jpg
e0132508_14332510.jpg


 という話は真っ赤なフィクションですが、どうです、あなたの恋人や、家族、そして友人にあなたの知らない秘密の顔があるということ、少しはリアルに考えられるでしょ!?
[PR]

by alchimista01 | 2012-05-09 18:30 | けふの些事

<< 願いを叶える3つのポイント 戸栗美術館「柿右衛門展」 >>