春を迎える準備

 季節に春夏秋冬があるように、人生にも四季がある。その中でも冬は苦しく辛い。

 「冬」一見すると目に見える物悲しい木々や、厳しい風雪にばかりとらわれえてしまいいがちだが、雪の下では草花や動物が、美しく咲き誇るために、はたまた凛々しく躍動するために全力で春を迎える準備を始めている。

 人生もまったく同じだ。早く春にならないかなとただただ縮こまって冬の時間を生きるのか!?春になったら美しい花を咲かしてやろう、凛々しく躍動してやろうと冬の時間を生きるのか!? その選択が「春の姿」を分ける。

 人には、季節を「冬」から「春」に変える力は無い。しかし「春」を迎える自らの姿や形を変える力は有る。昨年と同じ自分で「春」を迎えるのか!?違う自分で「春」を迎えるのか!?決めるのは自分。

 オレは、少し遅い狂い咲きの春を迎えるために長い長い最後の冬を過ごしている。そして心底思う。幸せになるための最も近い道は「信念を持って逃げずに貫く」という一点を於いて他に無いのだと。 

 
[PR]

by alchimista01 | 2012-04-23 23:04 | 一思案

<< ファイヤーブラスター リンゴのカッティングボード >>