毒舌的授記

 先日電車でうつらうつらしていると、4人組のブサイ子、通称「ブサ4」が乗り込んで来た。そして、オレの座っているシートの前に横一列に立ちこんな会話が始まった。

 とストーリーに入りたいところだが、ここで話を分かりやすくする為に一度、状況の整理と登場人物の紹介を行っておこう。進行方向を向いて右側中間部のシート後方角に座るのは毒舌ネゴシエーターことオレ。そして、左から最年少と思しき肌が以上に荒れている茶髪A子、続いてドスコイおっさんB実、そして最年長、先祖は茄子か三日月か、しゃくれメガネのC恵、最後は、足軽山からよろしく、平成の金太郎ことD香。

C恵「A子の彼は年下だったよね!?」
オレ(すげー!!彼氏居るのか!?」

A子「はい3つ下ですよ。」
オレ(惚れ薬か!?催眠か!?もしくは生贄か・・・)

B実「どれくらい付き合ってるの!?」
A子「えぇと、私が22の時からだから3年ですね♪」

一同「いいなぁ!」
オレ(19からか、可哀相に(泣)エイリアンに仲間が殺される気分てこんなだろうな・・・( -_-)
D香「誰に似てるの!?」
A子「溝端淳平ですかね♪よく言えば!」

一同「いいなぁ!」
オレ(嘘だよ!騙されんな!似てんのは松屋食ってるとこだけだよ)
C恵「料理とか作ってあげるの?」
A子「私料理出来ないんですよ。C恵さんは得意ですよね!?」

C恵「でも、やり出したのは結婚してからだよ♪」

オレ(えぇ!!何だって!?)

C恵「必要に迫られるとやるものだよ!旦那は全くやらないけどね♪」
オレ(シャクレナス結婚してるんかい!?猫か!?犬か!?(驚嘆)まぁ、何にせよ、すげーな人間!すげーな宇宙!!みんな願えば彼氏出来るし、結婚出来るぞ~!!)

[PR]

by alchimista01 | 2011-12-07 12:12 | けふの些事

<< 私を変えた100の名言 第3回 主役たりうる洗い桶 >>