主役たりうる洗い桶

 「キッチンの隠れた主役は洗い桶である」という言葉を聞いたことがあるだろうか!?
恐らく無いであろう。何故ならば、つい最近オレが考えたからだ(笑)

 しかし、あながち外れているとは思わない。料理をする時と片づけをする時以外、シンクやガスレンジ周りは意外と殺風景なのだ。そしてそれは一日の大半を占めている。

 キッチンの雰囲気を壊さずに使い勝手(容量・深さ・手入れのしやすさ)と衛生面を考慮した「主役たりえる洗い桶」というコンセプトで考慮した結果が「野田琺瑯の丸型洗い桶」だ。食器洗い以外にも野菜を洗ったり、浸け置きをしたりと重宝している。何よりもキッチンを柔らかく明るい雰囲気にしてくれる点は秀逸である。

 因みに先日、霊界との交信用の水鏡として使ってみたが上手くは繋がらなかった。その用途に関してはやはり専用のものでないと難しいのだろう。
e0132508_11371530.jpg

[PR]

by alchimista01 | 2011-12-06 12:06 | 愛すべきモノたち

<< 毒舌的授記 デブレシピ >>