あなたの仕事は何ですか!?

 先日とある雑貨屋にいった。レジの女の子は、恐らく大学入学の為に関西からやって来たと思しき女子大生である(超予測)。笑顔で丁寧に対応してくれる言葉の端々に方言が見え隠れする。そんなところにも好感が持てた。そしていい気持ちになったオレは敬意を込めてその店を「美人方言雑貨」と名付けた。なんじゃそりゃ(笑)

 通常「雑貨屋」に行く目的は雑貨を観る為か、買う為だろう。好感や感動や驚きを得る為に雑貨屋にいく人間は殆ど居ないと思う。しかし、そこでいい気持ちになったらどうだろうか!?きっとそのお店には、またふらっといってしまうのではないだろうか!?

 つまり、このように本来の目的とは違う部分で人に好感や感動や驚きを提供することこそが、サービスの真髄なのだと思う。そしてそれは自ら考えて行動する人にしか出来ない「心を込めて相手の琴線に寄り添う」触れ合いである。

  一方で形骸化した笑顔や、マニュアル的な対応に人の心を動かす力は無い。だからこそ人は臨機応変に相応しい触れ合いを自ら考えなければならない。その為には、自分の仕事は何を提供しているのかということを理解する必要がある。また、その上司は部下の対して仕事の目的や意味をきちんと定義してあげる必要がある。

 例えば雑貨屋の店員に、あなたの仕事は何ですか!?と聞いたとしよう。

 ある店員は「私はレジを打つのが仕事です」と答えた。
 次の店員は「私は雑貨を売ることが仕事です」と答えた。
 最後の店員は「私は人々の生活を、雑貨を通して豊かにすることが仕事です」と答えた。

 この回答から三人のサービスの質が全く違うものだとことは容易に想像できるだろう。

 さて、あなたの仕事は何ですか!?

 機会を作って一度考えてみよう♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-12-02 12:52 | 一思案

<< OXO ポップコンテナ ラバーメイド エンハンストシン... >>