出来ることをする

 11日の東北地方太平洋沖地震は「地震て怖いな・・・!」と改めて感じさせられる出来事でした。亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。また、今なお安否の分からない方々のご無事をお祈り致します。そして被災されて大変な思いをされている方々に対して出来ることをさせて頂きたいと思います。最後に今スグ自分が出来ることは以下の二点だと思います。


 一つは原発停止に伴い電気が足りなくなること想定して電気の節約をすることです。もう一つはこの地震を生かすことです。生かすとは今回の出来事を教訓として、実際に自分の住んでいる場所で起こった場合の自分や、周りの人の生存確率を上げることです。それを想定して「エマージェンシーバッグ」の準備をしようと思います。因みに以下を装備予定です。

※避難所まで移動して3日間ストレスを抑えて暮らす為の装備

【装備品】
ラジオ・ライト・予備電池・レーザーポインター・鏡・ガスコンロ・ナベセット・スコップ・ロープ・ナイフ・ライター・マルチツール・手動携帯充電器・ウォーターバッグ・ヘルメット・断熱シート・ホイッスル・発煙筒・方位磁石・地図・毛抜き・ティッシュ・ウェットティッシュ・トイレットペーパー・ガムテープ・アルミホイル・サランラップ・アイマスク・マスク・使い捨てカイロ/3日分・常備薬・生理用品・携帯トイレ・石鹸・歯ブラシセット・無水シャンプー・スリッパ・エアー枕・手拭・タオル・ゴミ袋・ゲーム・ブランケット

【着替え】
防寒着上下(ダウン等)・下着(Tシャツ・パンツ・ソックス)3日分・アウトドア用手袋・マフラー・レッグウォーマー・レインコート・防水靴

【食料・水】
水2L/1人・食事3日分・温かい飲み物(インスタントコーヒー・ティーバッグ等)・チョコレート・あめ

 生き残る為に最低このくらいは用意しておこうと思います。みなさんも是非ご準備下さい。
[PR]

by alchimista01 | 2011-03-13 11:48 | けふの些事

<< 柔らかく臨機応変に楽しむ 戦隊物について >>