ティピーに泊まりたい

e0132508_10543623.jpg
 ティピーとはもともとは北米インディアン スー族の言葉で、「住居」の意味。正しい発音は「ティーピー(tee-pee)」である。これが「丸太小屋」なら「チャン・ティーピー(木の家)」、「教会、寺院」なら「ティーピー・ワカン(聖なる家)」となる。つまり本来は単なる「家」を現す言葉である。

 ティーピーはスー族を始め、カナダ南部、北米平原部、北西部の、移動しながら狩りを行う文化を持つ部族の野営用の住居である。小さいものでは1~2人、大きいものでは数世帯が居住できる巨大なものもある。たいていの場合、入り口は太陽の昇る東向きに建てられる。テントと決定的に違うのは、中で火を焚くことが出来ることである。Wikipediaより

 とにかくこれに泊まりたい。。。というのが最近の夢です♪

 都会の喧騒を忘れ、大自然の中で火を囲みながら酒を酌み交わす。う~ん再校ですね。近く「ティピー宿泊計画」を立てますので、行きたい人は一緒に行きましょう♪
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-25 12:47 | けふの些事

<< 今年一番の悩み 美脚CA観ておもふ >>