airpen

e0132508_1471280.jpg airpenとは付属のデジタルペンで書いた筆跡を、文章であろうと、スケッチであろうと、そのままのイメージでデジタル複写します。書いたデータは、メモリーユニットにA5サイズ約100ページ分のストックが可能。データをパソコンにアップロードすることで、加工や活用も思いのままです。会議室や商談先、移動の途中などで、紙に書いた筆跡をそのままデジタルドキュメントとして保存できる、機動性の高いステーショナリー感覚のシステムです。

e0132508_13444954.jpg①デジタルペンは、筆記中にペン先から赤外線(光)と超音波(音)を同時に発信します。

②メモリーユニット(受信装置)が、赤外線を受取ってから、2箇所のセンサーが超音波を受取るまでの時間(2つの時間)からペン先の動きを割り出します。

③この作業が1秒間に数十回行われ、連続した数十個の点がなめらかな線となって表現されます。
e0132508_13492838.jpg 
 これは本当に画期的なアイテムですね!ついにメモもここまで来ました。会議中などは文字や図、計算などを直感的に記載出来るので圧倒的に紙の方が使い勝手が良いですよね。しかし、保存となるとデジタルですよね。これまではいちいちスキャンをしなければなりませんでしたが、これなら取り込むだけなので1ステップ楽ですね♪ しかし1ステップの短縮に1万円出すのかどうかは考えモノですね!?
[PR]

by alchimista01 | 2011-02-03 12:24 | 愛すべきモノたち

<< ビ・アピ paperblanks >>