スローモーションに見える

 ときどき周りが止まっているように感じることがある。きっとそんなことはないのだろうが、止まって見える。そもそも時間の認識というのは不確かで決して一定では無く、個人の認識により変化するらしいが、おかしな感覚だ。という話を科学的に証明することに意味は無い。

 例えば時間がどこかで止まっていても誰にも認識できないということは実に面白い。それは物理学の外側の世界の話で、誰にも証明できないからだ。人間のことだって解明出来ていないのだから、まだまだ分からないことや不思議なことはたくさんあるのだと思う。日々常識という常識に囚われぬように自由な意識を持っていたいものだ。
[PR]

by alchimista01 | 2010-11-12 12:04 | 一思案

<< 尖閣沖の中国漁船衝突事件を考える ハリーポッターと死の秘宝 PART1 >>