滅びゆく草食系という遺伝子

 先日、独身女性の7割が恋人不在、しかも5割が3年以上交際していないというニュースを観た。調査は23~49歳の独身女性757人対象に今年2月と9月の2回実施された。

 実に危険な状態だと思う。男女両方が草食化!いや、そもそも草食とか肉食という概念を男女間のことに持ち込むことからしておかしい。肉食動物だろうが、草食動物だろうがきちんと子供を産んで子孫を残す。しかし厳しい自然界で、弱い雄は雌を得ることが出来ずに自らの遺伝子を残せない。つまり地球規模で考えた時、この国には残す必要のある雄の遺伝子が減っているということに他ならないのでは無いかと思う。勿論雌の遺伝子も同様だ。

 最後に良い話を。上記からも分かるように強い雄にとって今は恋愛パラダイスだということだ。理由は1、遺伝子が弱い雄ばかり。2、受け身な雄ばかり。3、恋愛経験に乏しい雄ばかり。と言える状況だからだ。そしてこの先、収入に続いて必ず恋愛格差社会が訪れる。今、恥をかいてでも大至急恋愛をすることをお勧めしたい。

 そうしないと草食系男子とか言われているあいだにあなたの遺伝子は絶滅する。残る遺伝子とはどんな形であれ進化する遺伝子であって、決して受け身の遺伝子では無い。
[PR]

by alchimista01 | 2010-11-03 22:05 | 一思案

<< 狭く深く尖る 街暮らしに最適なバッグについて >>