こわっか

e0132508_1011081.jpg この「こわっか」は、北海道旭川市の木工作家、高橋秀寿さんのデザイン。天然のカエデの木で出来ているので、さわり心地がとってもいいとのこと。通常大人のつり革の大きさは12センチ、しかし「こわっか」は9センチなので、子供の手にも握りやすい大きさです。

 大人に取り付けるためのベルトも、天然のヌメ革で出来ていて、調節ができます。無垢の木のわっかも、ベルトも、どちらも使っているうちに色が変わったり、ツヤが出てきたりするそうです。「大きくなっても捨てずに飾っておいて、子供の時の記念になれば、いいな」という考え方もとても好きです。

 小さなころどうしてもつり革に摑まりたくて、だっこして貰って摑まった記憶があります。これがあれば、きっと子供は大喜びですよね♪
[PR]

by alchimista01 | 2010-10-05 12:07 | 愛すべきモノたち

<< 問題解決の方法 IS03 >>