東京都現代美術館へ行く

e0132508_18202616.jpg 『借りぐらしのアリエッティ×種田陽平展』を見に行って来ました。感想は、とにかく凄い人でした。開館時間の10分前には到着したにも関わらず20分待ちの入場規制。帰りに見た時には70分待ちになっていました(笑)

 しかしながら、美術館という制限された空間の中に映画の世界観を表現することはとても難しいのだなと感じました。映画の場合は、カメラで写す為にセットを組むので、ある数点からの視線を満たせばいいのでしょうが、美術館はリアルタイムで多角的な視線にさらされてしまいます。そのためか、どうしても迫力という面では、はなかなか映画のようにはいかないものなのだと思いました。

 ただ、小人の視点から見た庭の広さや、虫の大きさ、そして人間の大きさというモノを、身をもって体感できたことはとても良い経験になりました。もし、ある日突然自分が小人になってしまうことがあっても慌てずに対応出来そうです(笑)
[PR]

by alchimista01 | 2010-09-20 18:39 | けふの些事

<< レンタルショップが無くなる日 天平庵 もちパイ >>