柔軟なる個性を身につける方法

 現代に於いて「個性的」であるということは公私ともにとても重要な要素です。しかし、それは「柔軟」である時に初めて有効に働きます。例えば頑固であったり、調和という発想に乏しかったり、他と孤立して居る中では、なかなか有効に機能しません。

 言い換えれば人の輪の中で調和を意識して生きている時にこそ「個性」は最大限の力を発揮します。また、そう言った意味では「個性」を活かす事の出来る環境を構築出来る能力自体が優れた「個性」だと言えるのではないでしょうか。

 周りの人間は自分の「個性」を分かってくれないという話を良く聞きます。また、自分自身もしばらく前まではそうでした。しかし、環境や相手のせいにせずに自己の「個性」を活かせる環境を構築出来る能力を磨く必要があるのだと最近では感じています。

 その為に必要なことは「柔軟」なことだと思います。柔軟性を身につける為には、謙虚であること、謙虚さを身につける為には、素直であること、素直さを身につける為には、損得の感情を捨てて目の前の現象に精一杯向き合うこと、目の前の現象に精いっぱい向き合う為には、潜在意識を綺麗にすること、潜在意識を綺麗にする為には、顕在意識を綺麗にする行動を繰り返し行うこと、顕在意識を綺麗にする為にはズバリ「掃除」をすることです。
[PR]

by alchimista01 | 2010-07-24 14:43 | 一思案

<< 日曜日の朝食 Bubble Ring >>