「春の嵐」さて置き「企画の嵐」

今日はまるで初夏のような陽気でした。ニュースよると「春一番」が吹いたそうです。

そんな中、今日の僕は企画の嵐。定期的に地元の友人が集まって行っている「誕生日会」に、あと3週間でやって来る「ホワイトデー」確かに無難に終わらせることも出来ますが、せっかくやるなら喜んでもらいたいし、驚いて貰いたいと思うのが企画マンの性です。

しかし、一見華やかに見えたり聞こえたりする「企画」実際はメチャメチャ地味なのです(笑)

緻密な段取りと、シミュレーションを繰り返し、誰にも分からないような微妙な調整を重ねる孤独な時間は、まるで花火職人のようです。しかし、自分の考えた企画が、大空で花開く一瞬の花火のように誰かを喜ばせたり、驚かせたりする瞬間が大好きです。だから全く苦には感じません。まるで悪戯を考える子供のようについつい没頭してしまいます。

ある意味で「企画」は自分にとって生き甲斐なのでしょうね。
[PR]

by alchimista01 | 2010-02-26 00:18 | けふの些事

<< 『スポーツ』 氷上のボイン >>