月の輪

e0132508_9595090.jpg昨夜は今年二回目の満月でした。
そして気象条件がそろったこともあり月暈(月の輪)が観測できました。

暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。ハローまたはハロ(halo 英:ヘイロウ)ともいう。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。

きっと昔の人はこういう現象を観たときに「天変地異の前触れじゃ・・・」と、相当テンパってしまったことでしょうね。

しかし、凛とした夜空に輝く「月の輪」幻想的で美しい光景でした。
[PR]

by alchimista01 | 2010-01-31 10:12 | けふの些事

<< 整理整頓の味方 iPad >>