iPad

e0132508_14502369.jpg近日Appleから発売される「iPad」
H:242.8mm W:189.7mm D:13.4mm
とにかくサイズがデカいのだ!!

価格は16G/32G/64Gという容量と通信形式Wi-Fi/Wi-Fi+3Gの組み合わせで変わるが$499~$829(日本発売価格未定)

わかりやすく言うとiPhoneとMacBook Airの間にあたる端末なのだろう。
しかしながら狙っているターゲットが全く分からない・・・

iPhoneの魅力はあくまでも携帯電話の延長に様々なアプリやiPodの機能を有している携帯性×機能性であり、またMacBook AirはPCでありながら軽く薄いという点が魅力である中「iPad」はハッキリ言ってどっち付かずだ。いったい誰が買うのだろうか!?

機能的にもカメラがない、USBポートがない、マルチタスクでない(一度に複数のアプリケーションを実行できない)、電話として使えない、動画やゲームに広く使われているアドビシステムズ(Adobe Systems)のフラッシュ(Flash)をサポートしていないなど、iPhoneとMacBook Airどちらにも劣ると言えるだろう。

携帯電話とノートPCの間として一時発売されたCLIEのような末路を辿る気がしてならない。因みにオレは機能性云々の問題はさて置き、全く欲しいと思わない。だって、こういうモノに頼って暮らしていたらクリエイティブな思考が死んでいくでしょ!という話はまた別の機会に。
[PR]

by alchimista01 | 2010-01-30 16:07 | けふの些事

<< 月の輪 マイドギーバッグ >>