Love Letter3

続 親愛なるC.Cへ

どうしてこんなに好きになってしまったのだろう!?
出会った頃は全く興味も無く、寧ろ否定的だったのに不思議だよ。
だって、今までと比べてしまうと少し物足りないと言うか、
本当に君で大丈夫だろうかという思いが頭を擡げてしまっていたよ。

でも、今はナチュラルに甘いところや、本質は変わらないところが好きだよ。
きっと世の中に合わせて弛まぬ挑戦を続けてきた結果なのだろうね。


桜吹雪舞ういつもの帰り道を
向日葵熔けそうな太陽の下を
金木犀香るあの曲がり角を
寒椿に降り積もる雪の朝を


色々な季節を共に歩いて行きたいよ。
Great taste 0
[PR]

by alchimista01 | 2009-06-22 21:43 | 一思案

<< The problem is ... 篠笛教室 >>